雑誌岩井圭也

小説と雑文

対談相手は……

 いきなりですが、野性時代10月号に森見登美彦先生と私の対談記事が掲載される予定です。

 もう一度言います。

 対談相手は【森見登美彦先生】です。

 フロンティア文学賞の選考委員を務めていただいた、『ペンギン・ハイウェイ』や『夜は短し歩けよ乙女』や、その他の名作で知られる、あの、森見先生です。

 妄想ではありません。

 マジです。

 

 これが岩井圭也としての初取材だったため、初めての取材が対談ということになったわけですが、どうも珍しいケースのようです。

 記事ではさぞかし私の浮かれっぷりが見られることと思いますが、それはさておき、野性時代10月号、ぜひチェックしてみてください。

 そのころには『永遠についての証明』も発売されている(はず)なので、よろしければついでにぜひ。